Thunderbirdを効率化、テンプレートを使用した新規メール

テンプレートを使用するメリット

署名や定型的なあいさつ等の文面は署名編集機能にて実現できますが、件名や送り先を含めたいメールテンプレートを利用することで、作業をさらに効率化し、誤送信するリスクの低減することができます。

テンプレートの作成

まずは通常に新規メールを作成し、テンプレートとして保存したい内容を入力します。

thunderbird template1


入力が完了すれば、メニューの「ファイル」から「選択して保存」、「テンプレート」をクリックすればテンプレートが出来上がります。
thunderbird template2

テンプレートの使い方

作成したテンプレートは受信トレイの下の「テンプレート」フォルダに保存されているので、使用したいテンプレートを選択し、ダブルクリックすればテンプレートを使用した新規メールが編集可能となります。

thunderbird template3

タグ

2013年10月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:技術情報

Doxygen対応Cプログラムコメント記述例ご紹介

弊社でのC言語で開発を行うプロジェクトでは、ソフトウェア詳細設計書にDoxygenで出力したデータを用いるため、必要な情報を出力するためのコメント記述をしております。

今回は弊社で用いるタグコメントの書き方について紹介させて頂きます。

実際にはDoxygenのオプション設定などにより別の記述もございますので、詳しくはDoxygenのサイトを参照頂ければと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年8月26日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:技術情報

2012年度クールビズ実施のお知らせ

お取引先各位

弊社では、環境省の方針に従い今年度の下記の期間でクールビズを実施させて頂きます。

実施期間:平成24年5月15日~9月30日

期間中は、社員の服装につき、ノーネクタイ、ノージャケットによるクールビズにて業務させていただくことと致しました。

併せて、事務所内の温度を26〜28℃に設定し、企業活動における地球温暖化の防止に努めていきたいと考えております。
弊社にお越しの際には、軽装にてご来社されますようお願い申し上げます。

何卒、本趣旨をご理解の上、引き続きご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

タグ


2012年5月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:お知らせ

Doxygenを利用したソフトウェア詳細設計書の作成

弊社ではソフトウェア詳細設計書の作成時にDoxygenによる自動生成された情報を活用しております。

これはDoxygenを用いる事で以下のメリットを得ることが期待できるためです。
  • コードに設計内容が埋め込まれているため、コードと設計書の乖離が軽減され保守性が向上する
  • コメントにDoxygenに対応したタグを埋め込むだけなので低コストで詳細設計書が作成可能である
  • 関数の呼び出し関係や、ヘッダの依存関係図の生成、各種情報へのハイパーリンクの設置など詳細設計書としての内容も高品質である
  • ドキュメント生成時に引数説明の記述もれ等の問題があれば指摘されるため、単純ミスが軽減され設計書の品質が向上する
  • 記載内容などが属人的にならずに設計書の品質が安定する
また、ソフトウェアの基本設計時にDoxygenに対応した簡素なプロトタイプのコードを作成する事で、設計の妥当性などの確認を行うことも可能であり、低コストで後工程での手直しを軽減する効果が期待できます。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年4月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:技術情報

チャレンジ25キャンペーン参加

チャレンジ25キャンペーンとは

地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。 2005年2月16日には「京都議定書」が発効し、日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、様々な対策を進めてきました。

このような中、2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明されました。
政府では、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進することとしており、そのための温暖化防止のための国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日より、新たに展開することとしました。



http://www.challenge25.go.jp/

主な取り組み

株式会社ライト・ライトはチャレンジ25キャンペーンの趣旨に賛同し、日々の業務においてCO2削減を意識し行動します。ここでは主な取り組みをご紹介いたします。
  • クールビズウォームビズへの取り組みを行う
  • 公共交通を積極的に利用する
  • ペーパーレスなオフィスを目指す
  • PCモニタの輝度を目の健康と環境に優しい設定に調整する
  • 不要箇所、休憩時間の消灯を行う

タグ


2012年1月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:お知らせ

このページの先頭へ

イメージ画像